リーダーは、あなた

「しつけ」の基本は、犬にあなたがリーダーだと認めさせること。

もともと犬は、群れで生活する動物なので、必ず群れの中に順位があります。
リーダーには絶対服従するのが、本能的なルールなのです。
子犬が可愛いばかりにワガママを聞いていると、犬は自分がリーダー(ボス)だと思い込みます。こうなるとあなたのいうことはききません!

こうならない為には、あなたの家族全員の順位が犬よりも上であることをわからせる必要があります。
接し方のポイントとしては、

1. 犬からの要求に従わない
エサ、遊んで欲しいなどと吠えて要求する場合は、ひたすら「無視」です。
主導権は人間にあることをわからせます。

2. 人より高い位置に上げない
ベッド、ソファなど高くて居心地のいい場所は、リーダーの居場所です。
もし、いたらどかしましょう。ボス意識を育ててしまいます。

3. 犬をかまい過ぎない
可愛いからといって、赤ちゃん言葉や甲高い声、いつも犬を覗き込むといった行動は、主従関係をあやふやなものにします。犬がリーダーだと思わせる行為です。

ちょっとかわいそうでは?と思うかもしれませんが、最初の主従関係を築くためには必要なことです。
「甘やかすこと」は犬の幸せにつながりません。
犬は、毅然とした信頼できるリーダーには喜んで従うのです。

犬の飼い方・しつけ

スポンサーリンク

愛犬のしつけに困ったら
愛犬のしつけに困ったら
ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする