食事のしつけ

子犬の生後三ヶ月までは、子犬用のドライフードを、
ぬるま湯でふやかして与えます。
三ヶ月を過ぎたら、そのまま与えてもよいでしょう。
フードはドライタイプが良いと思います。
必ず、毎回同じ食器で与えてください。

ここからは子犬のしつけというより、飼い主のしつけ?になると思いますが、
人間の食事は絶対に与えないように!
病気や肥満の原因になります。

可愛さのあまり与えてしまう飼い主さんがいますが、
犬の事を考えればマイナスです。

実は「おやつ」だってそれ程、必要なモノでは無いのです。

おやつをあげなければ、犬はおやつ自体の存在を知りませんし、
あげれば「おやつ慣れ」します。

結局、飼い主さん次第なのです。

また、子犬はだいたい1年で体が出来上がります。
その間は、できるだけ高品質のプレミアムフードを与えてください。

価格の安いものは、やっぱりそれなりなのです。
その後は・・・・経済状況も考慮して(笑)いいと思います。

スポンサーリンク

愛犬のしつけに困ったら
愛犬のしつけに困ったら
ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする