犬の無駄吠え その1

無駄吠えには、大きくわけて2つの原因があります。

1. 自分の欲求を伝えている
2. 不安や警戒心から

どちらの原因かで対処方法も違いますが、
今回は、自分の欲求を伝えている場合についてです。
犬の無駄吠え
この場合、一番いけないのは、大声で叱ることです。
大声で叱れば叱るほど、かまってくれてると思ってさらに吠えます。

こんな時は、ひたすら無視をします。
うるさくても、しばらくの辛抱です。
犬には見向きもしてはダメです。
犬がいないかのように、ふるまってください。
次第にあきらめて静かになります。

吠えるたびに、かまってやったり、エサをあげたりすると、
吠えればいうことを聞いてくれると犬が学習してしまいます。

こうなってしまうと、散歩に行きたい。遊んで欲しい。お腹すいた・・・などなど
吠えて飼い主に欲求を要求するようになってしまうのです。

特に子犬の頃は、可愛くてかまってやりたくなるのは、わかりますが、
良い子にするためにグッと我慢です。
子犬の頃のしつけが、今後の生活を大きく左右しますからね。

スポンサーリンク

愛犬のしつけに困ったら
愛犬のしつけに困ったら
ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする