犬の無駄吠え その2

無駄吠えには、大きくわけて2つの原因があります。

1. 自分の欲求を伝えている
2. 不安や警戒心から

どちらの原因かで対処方法も違いますが、
今回は、不安や警戒心からの場合についてです。
犬の無駄吠え

玄関のチャイムが鳴ると吠える。
来客、見知らぬ人に吠える。
留守番させると吠える。
・・・などの子は、基本的に人間の世界にまだ慣れていません。

子犬の頃から、たくさんの人(配達の人、近所の人、友人、お店の人、赤ちゃん、子供、老人など)に積極的に会わせてください。
たくさん人がいる所へ行くのもいいです。
また他の犬、ペット、動物にも会わせましょう。
そうやって人間社会に慣れさせると、過剰な反応をしなくなります。

また留守番などで、一人になると鳴く子には、出かける前に声をかけないこと。
犬を無視しておいて、いつのまにか出かけるようにするのがポイントです。

一旦外へ出て様子を見て、吠えなくなったら家に戻る。
これを繰り返すのもいいです。
吠えている時に戻ると、吠えれば戻ってくると学習してしまうので気をつけて下さい。
だんだん外出する時間を延ばしましょう。

ハウスのしつけも重要です。
ハウスが犬にとって心地良い場所になっていれば、
ハウスで安心して留守番ができるようになります。

スポンサーリンク

愛犬のしつけに困ったら
愛犬のしつけに困ったら
ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする