いろいろな場所を歩かせる

子犬の頃にいろいろな環境を歩かせるのは、
子犬にとって、足の感触、においなど全てが経験学習になります。

アスファルト、土、コンクリート、芝生、砂利、水辺など積極的に歩かせましょう。
最初は怖がって歩かない場所もあるかもしれませんが、
慣れて安全だと理解すると、どこでも堂々と歩けるようになります。

犬のしつけ

コンクリートがあると止まってしまう。とか、
砂利道は歩けない。なんてならないように経験させて下さい。

ただし、子犬のワクチンが終わるまでは、見知らぬ犬と接触させたり、
他の犬がマーキングしたあとを嗅がせないように注意してください。

自宅の庭や家のまわりなどから始めるのが良いと思います。
そして、帰ったら、必ず足を洗って、ブラッシングしてあげて下さい。

スポンサーリンク

愛犬のしつけに困ったら
愛犬のしつけに困ったら
ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする