犬フィラリア

犬フィラリアは蚊に刺されて感染します。

感染しても、すぐになんらかの症状が出るのではなく、

感染後半年ほどで症状が現れます。
まず、咳をするようになります。

元気がなくなる。

食欲がない。

尿が赤くなる。  などが主な症状です。
潜伏期間が長いため、フィラリアとは知らずに死んでしまうケースも多いです。

犬フィラリア
とても怖い病気のようですが、フィラリアは100%予防ができます。

正確に言うと感染しても、すぐなら薬で駆逐できるのです。
対処法は、蚊の活動する時期に合わせて、毎月薬を与えます。

だいたい4月~12月ぐらいの間です。

薬は獣医さんにありますので、必ず与えてください。

薬の種類もいろいろですので、獣医さんに相談して下さい。
フィラリアといっしょに、お腹の虫も駆逐する薬がありますので、おすすめします。

フィラリアの薬を与えるのは、飼い主さんの義務ですよ。

ちなみに、人間と同じで、犬も蚊に刺されるとかゆみを感じますし、
かゆみによる皮膚病になる可能性もあります。
外飼いの場合は、蚊を寄せ付けない対処ができればベストですね。

スポンサーリンク

愛犬のしつけに困ったら
愛犬のしつけに困ったら
ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする