犬の避妊について

「犬に避妊させた方がいいですか?」
よく聞かれる質問です。
実は賛否両論あって、どちらがいいかはハッキリ断言できません。

ここでは避妊のメリット・デメリットをあげてみます。

・ まず、生理が来なくなりますので、室内飼いの場合
部屋を汚す事がなくなります。

・ 将来的に卵巣腫瘍・子宮蓄膿症・子宮腫瘍の予防効果があると言われています。

・ 性ホルモンのバランスが崩れ、太りやすくなります。
術後の肥満は、糖尿病のリスクが高くなります。

・犬種によっては、尿失禁になる可能性があります。
(ロットワイラー・ゴールデン・ドーベルマン・ボクサーなど)

・ 成長期が終わる前に手術をすると、骨肉種になる可能性が高くなると言われています。

以上、ざっと書きましたが、必ずこうなるという事ではなく、
あくまでも、「言われている、可能性がある」という事です。
避妊手術をしても、子宮蓄膿症などになってしまう事だってありますから・・・

ちなみにペット管理がしっかりしている、
ペット先進国のスウェーデンでは、避妊・去勢の手術を推奨していません。

スポンサーリンク

愛犬のしつけに困ったら
愛犬のしつけに困ったら
ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする