改正動物愛護管理法について

平成25年9月1日より、改正動物愛護管理法が施行されます。
主なポイントは、
■ 終生飼養の徹底
■ 動物取り扱い業者による適正な取り扱い です。

・ 飼い主には終生飼養の責任が与えられました。
 これまでは、飼い主が飼いきれなくなった場合、
 都道府県、自治体が引き取りをしていましたが、終生飼養の原則により、
 これを拒否できるようになりました。

・ 動物を虐待・殺傷・遺棄した場合の罰則が強化されました。

・ 飼い主を明らかにする為に、名札・マイクロチップなどでの
 所有の明示が義務化されました。

・ 災害時の飼い主の責任が明記されました。

・ 動物販売時の対面、説明が義務付けられました。

・ 平成28年8月31日までは、生後45日。
  それ以降は生後56日を経過しないと、販売できなくなりました。

主に動物取扱い業者や飼い主による、動物への不適切な扱いに対する改正です。

スポンサーリンク

愛犬のしつけに困ったら
愛犬のしつけに困ったら
ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする